エアコンの買い替え

2016年10月14日
2007年に購入したエアコンをこのたび買い替えました。

↓ こちらは買い替え前のエアコン




9年も経つと、経年劣化でプラスチックの部分が黄色く変色して、
見た目が残念なことになっていますね^^;


でも、変色は全面の部分だけ。
側面はそうでもない… 素材が違うのでしょうか…

昔からこういった問題ってあると思うのですが、変色しないプラスチックって
出来ないものなのかなぁ…と思うのは私だけでないはず。


2016101402.jpg


買い替えの理由として、エアコン自体が故障したとかではないのですが、
ダ○キンさんなどでお願いする「内部クリーン」の費用など、
お手入れの価格について、今までのエアコンではストレスが生じたためというのが
一番の理由です。


今までのエアコンは「自動フィルター掃除機能」がついていました。

フィルターの掃除をしてくれる便利なもの。
季節ごとに1度するくらいで良かったので、手間としては非常に楽でした。


でも、その機能がついているせいで、前述の「内部クリーン」を業者にお願いする際
機能無しのエアコンに比べて倍近い料金が発生していました。


エアコンの内部クリーンをされたことが無かったり、興味が無いという方には
なんのこっちゃ?と思われるでしょうが、自動フィルター掃除機能があっても
それはあくまでフィルターの掃除(ほこり取り)をするだけであって、
その奥の熱交換機やファンの部分の汚れまでキレイになりません。
また、フィルターのホコリを掃除し続け、ダストボックスなどに溜まる場合は
それのお手入れも必要になりますね。


自動フィルター掃除機能が無かったら、2週間に1度くらいと推奨されている
フィルター掃除の手間が省けるので、とても便利な機能だなと思う反面
その機能だけでは行き届かない汚れやカビについては、
自分ではどうしてもできない作業なので業者に頼むしかなくて…


その部分の汚れを見つけたり、上下左右に動く羽根の部分にカビが付着したり
また運転をし風に乗ってとても嫌なニオイがするようになると知らないフリは出来ず、
限界がくる2年~3年に1度のペースで内部クリーンをお願いしていました。


本当はもっと内部もキレイに保ちたい、クリーニングする頻度をあげたいと思い
自動フィルター掃除機能があるのとないのとでは費用は倍近いことから、
このたび多機能ではないシンプルモデルを購入と至りました。


2016101403.jpg


自動フィルター掃除機能がなくなった分、本体も小さくなりました。

おかげで左側に前のエアコンの「跡」が…
コードもちょっと遠くなりました。

これを隠そうと左に寄せると、今度は右側が見える上、外へと続く穴が
丸見えになってしまいます。 なので右に寄せてます。


2016101404.jpg


シンプルモデルにも数社のエアコンがありますが、前回と同じダイキンさんを
選びました。


一番の決め手は、このフィルターの形。


2016101405.jpg


さっと掃除し水の乾きも良いメッシュタイプだから。

自動フィルター掃除機能がついていないと、ホコリの絡まりやすい黒いフィルターが
多くて、その点、こちらの場合は扱いやすく便利です。
こういった点もこれから気を付けて見たいところですね。



我が家のリビングに取り付けたいサイズのエアコンは、多機能エアコンだと
20万を超えて店頭では売られていました。
ちなみに今回購入したシンプルタイプはその半分以下。

多機能エアコンの良いところは色々あって、電気代もシンプルタイプに比べると
年間1万円くらい安くなるものが多かったです。

本体代+電気代を単純に計算すると、15年くらい使えば同じ金額になりそう。
ただし、私が重要視する「内部クリーン」を2年に1度で行うとなれば
多機能エアコンのほうが費用がかかるので、そうなるとシンプルタイプと
トータル同じ金額になるとするなら(本体代+電気代+内部クリーン代)
もっと先になります。
そのころまで使っているかなぁ…わかりません。


まず、私の思っている不満や希望を叶えるべく実行しましたが
10年後にはもっと便利な機能が出来て、多機能がいい!なんてことになるかも?


必要な機能、お手入れなどは人それぞれ。

お財布にも性格にも使う家族にも快適であるように使っていきたいと思います。
長い文章になりましたが、どなたかの参考になれば幸いです^^








最後まで読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援のクリック、どうぞ宜しくお願いします^^
   ↓ ↓          ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
クリックすると各ランキングサイトが別ウィンドウで開きます。
1日1クリック有効でLIKE◆USの応援となります。



◆家電とメンテナンス◆ | Comments(2)

エアコンの日常お手入れ

2016年08月10日
毎日毎日暑いですね^^;;;

私の住む場所は、ここ最近は真夏日を通り越して猛暑日の連続です…
早く涼しい秋が来ないかなぁ…


つけたり消したりするよりも、つけっぱなしのほうがエアコンの電気代が節約になるとかで
7月頭から早々と日中もエアコンをつけっぱなしにして過ごしています。

つけっぱなしにして一か月になったころ、エアコンの簡単なお手入れをしました。





我が家のエアコンは購入して9年。
経年劣化でプラスチックカバーが黄色に変色しかかっています。

フィルター自動おそうじ機能がついているので、そうでない場合よりもフィルターの
ほこりの除去頻度は少なめでいいのですが、気になったのでお手入れしました。


2016081002.jpg


ホコリがついている反対側から、マルチクリーナーを吹き付けてしばらくおき
あとはシャワーで流すだけ。

うっすらついていたホコリがなくなってスッキリです。


↓ こちらはフィルター自動おそうじ機能により、ホコリが集められる場所。

細い棒状の中に長いブラシがあって、それでホコリをかきだしています。

中のポケットにたまったホコリの除去と、はずせる部品ははずしてお手入れをしました。


2016081003.jpg


風向調整をするフラップもはずせたので(自己責任です)、カビキラーをふりかけて
キレイに掃除しました。


…というのも、羽根の部分に黒い汚れが点々としていて… 


2016081004.jpg


また、内部クリーニングを業者さんに頼まないといけない汚れが見え隠れしています。



過去記事にもたびたび触れましたが、この内部クリーニングにお金がとてもかかります。

過去記事→2014年10月17日「エアコン内部のクリーニング…前回から3年が経って」
過去記事の中に、さらに過去記事があります。よろしかったらそちらもご覧ください。


多機能なもの、自動おそうじ機能がついているもの、一見便利なようでそうではないと
感じています。
フィルターさえ掃除をすればいいと思われている方ならそれでも構わないけれど、
ニオイやカビを抑えることも考えるなら、自分ではできない部分の掃除も
必要になります。

そうしたときに、その道のプロに頼むのが一番。
そして低価格で継続して出来ることが重要。

プロにしかできないお掃除が、多機能なエアコンに対応しようと思ったら
そうでないエアコンに比べて高くつきます。
下手したら倍の価格であったりも。


そう考えたとき次の買い替え時には、内部すみずみまでキレイに保つために
私が必要と感じる「お手入れ」に重点を置いて、新しいエアコンを買いたいと思います。









最後まで読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援のクリック、どうぞ宜しくお願いします^^
   ↓ ↓          ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
クリックすると各ランキングサイトが別ウィンドウで開きます。
1日1クリック有効でLIKE◆USの応援となります。



◆家電とメンテナンス◆ | Comments(2)

テレビの買い替えと失敗点

2016年06月24日
2007年の秋に買った我が家のテレビ。

当時、液晶とプラズマと両方売り出し中で、どちらにしようか迷って42インチの
プラズマテレビを買いました。

あれから8年半。


↓ ○印の中のように、パネルが劣化したのか青くなるように…
特にアイススケートなど、写真のように白い背景になると目立って見にくくて…







近いうちに買い替えは必須ということで、家電量販店のセール案内に合わせて
新しいテレビを購入しました。


今回はSONYのBRAVIA


2016062402.jpg



以前より大きい49インチにしたのですが、周りのフチの部分がないため、
以前のものと大きさはさほど変わらず。


この製品にしたのは、まず 「本体の熱が少ない」こと。


以前のプラズマテレビは使用していると本体から熱がどんどん放出されていて
触ってみるととても熱くて「大丈夫?」と思うこともしばしば。
そのせいで部屋の温度上昇にもつながっているのでは?と…冬はいいけれど
夏はちょっと。


そして「画面のキレイ」さ。 4Kになりました。


そして「予算内の価格」でしょうか。



どんどん進化して新製品は機能もアップしているとわかっているのですが
すごく高くて… 
使いこなせない機能や、そこまで欲しくない機能なんかは今は必要ないとしつつ、
譲れない機能の選択肢にはなかった 「Wi-Fiでネットの接続が可能」 を追加し
予算におさめてお買い上げしました。



2016062403.jpg


以前あったテレビの足回りに比べると、だいぶスッキリした感があります。
掃除もしやすくていい感じ。

ただ、我が家の置き場所とテレビの向きからは、この「棒」状の足回りは
家具の上に斜めに置きたいときに、置ける範囲というか幅が限られるのが難点。

もっとダイニングテーブルがある側に向けたい!となってどんどんナナメにすると
「板」というより「棒」なので、落ちやすくなりますね。
まぁ、このように置くほうが稀なのかもしれません。


テレビの放出熱も、以前のものに比べたら全く気にならないくらいで安心しました。


そして、Wi-Fiでネットが使えるということで、テレビのリモコンとは別に、
小さいリモコンがひとつ追加になりました。



2016062404.jpg



文字を入れなくても、マイクのマークを押しながら音声で検索が可能なので
とっても楽ちん。

見たいテレビのないとき、しっぽりお酒を飲みたいときなど
パソコンを立ち上げなくても、YouTubeでお気に入りの音楽を簡単に
かけることが出来ます。

最近のお気に入りは「ChillHop」シリーズ。
ジャズとヒップホップがあわさったような音楽が好きです。
コンピレーションアルバムの「IN YA MELLOW TONE」のシリーズだとか
作り手なら re:plus や Robert de Boron とか nujyabesとか。



ただ、問題がひとつ。


売り場で気づかずに、買って納品されてから気づいたことが一つ。


テレビのフレームいっぱいに画面がある… ということは、スピーカーは
本体の後ろ側についているということ。

以前使用していたプラズマテレビの型は、フレームの両サイドにスピーカーがあって
それをなんの疑問も持たずに使っていました。


やってしまった…  orz

というか、売り場に並ぶ高価な新製品以外では、ほとんどが後ろにスピーカーが
あるようです。


今まで当たり前のように聞いていた音声が、後ろにスピーカーがあることで
慣れるまで聞き取りづらく、こもっているように感じます。
大げさにいうと、壁につけて置いたら、見ているこちら側よりも、
壁の向こう側によく聞こえるんじゃないか?と思ったり。

その点にまったく気づかずにいた私… また失敗したかも。


慣れるまで我慢するか、スピーカーなど置くなり対策をするか、未だ検討中です。








最後まで読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援のクリック、どうぞ宜しくお願いします^^
   ↓ ↓          ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
クリックすると各ランキングサイトが別ウィンドウで開きます。
1日1クリック有効でLIKE◆USの応援となります。



◆家電とメンテナンス◆ | Comments(2)
 | HOME | Next »