スパークリング日本酒「すますま」

2016年04月13日
岐阜県下呂市にある天領酒造さんが作られているスパークリング日本酒「すますま」を
飲みました。





ネーミングからまず最初に想像してしまうのは、国民的アイドルグループの
番組…でしょうか^^

その不思議なネーミングの由来は、ラベル裏面を見て納得。

------------------------------
「かどっこ」「奥まった角」のことを飛騨弁で「すま」と言います。
「すますま」とは「すみずみまで」という造語です。
お口の中のすみずみまで炭酸がはじける甘口のお酒です。
--------------------------------

なるほど!

というわけで早速頂きました。



2016041302.jpg


さわやかさと甘味のバランスがとっても心地よい味です。
後味はさっぱり甘すぎず、シュワっと炭酸がきれよく美味しい~

ネーミングのとおり、美味しいお酒が口の中いっぱいに広がります。

アルコールは5%と、一般的なビールや缶チューハイとさほど変わりませんが
こちらのほうがもっと低いような気がします。


お花見のシーズンがこれからの方は、花見の席にぜひ^^
さわやかな風を感じながら、予定のない休日の昼下がりからスタートする
お酒としても飲みやすくオススメです。






最後まで読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援のクリック、どうぞ宜しくお願いします^^
   ↓ ↓          ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
クリックすると各ランキングサイトが別ウィンドウで開きます。
1日1クリック有効でLIKE◆USの応援となります。



関連記事
◆美酒記録◆ | Comments(2)
Comment
No title
こんばんはー^^

すますま…と聞くと私もやっぱり某番組が頭に浮かんできます~。

反対から読むと「ますます」となり
またこちらも何か意味を狙ったのかな?
と思ったり^^

日本語って面白いですね。

炭酸で甘口は本当に、飲みやすいので危険ですよね。
飲みすぎ防止のためにも
最近は少しお酒らしい苦味を残したものを飲むようになりましたが
たまに甘い梅酒を飲むと、やっぱり美味しいな~と(笑)
すますまも気になります~。
◆ ru:riさんへ
こんにちは~


> すますま…と聞くと私もやっぱり某番組が頭に浮かんできます~。
> 反対から読むと「ますます」となり
> またこちらも何か意味を狙ったのかな?


やっぱりそう思い出しますよね「すますま」^^
反対から読むことは思いつきませんでしたが、言われてみれば!
同じ言葉でも全然違う意味になったり(京都とか特に)おもしろいですね。


> 炭酸で甘口は本当に、飲みやすいので危険ですよね。

この甘口の炭酸のものはだいたいこのくらいのサイズが多いのですが
炭酸の持続性とかそのあたりが大きさに関係しているのかな?と思いつつ
飲みすぎを注意する意味でもぴったりなのかもしれません。


> たまに甘い梅酒を飲むと、やっぱり美味しいな~と(笑)

梅酒の美味しい季節になりましたね~
一本だけストックがあるので今から開けるのがとても楽しみです。

管理者のみに表示