純米発泡酒「じゃんぱん」

2016年07月27日
先日、岐阜県へ旅行に行った際に購入したお酒を紹介させてください。


ぱっと見ただけなら、スパークリングワイン?と見間違ってしまうかもしれないラベル。

岐阜県飛騨市にある蒲酒造場さんが作られているお酒です。


純米酒に炭酸ガスを吹き込む手法なので、瓶内発酵のタイプ(すず音やぷちぷちなど)
とは違うものになります。





なので、アルコールは炭酸の入っていない日本酒と同じくらいで11度。
ビールやチューハイと比べると強いですね。

前述した瓶内で発酵し細かい炭酸を出す「すず音」や「ぷちぷち」などは
アルコール7度くらいと少なめで飲みやすいのですが、日本酒の強いのが好き
という方には物足りないかも。
そんな方に「じゃんぱん」はおすすめです。



2016072702.jpg



コルクで栓がされていて、本当にスパークリングワインのよう^^

グラスに注ぐとシュワーっと炭酸がはじけます。


飲むとふわっとしたほんのり甘い味がしますが、後味はスッキリと
「ああ日本酒だな」という感じ。


暑い夏にぴったりな、ワイングラスで美味しい日本酒だと思います。







最後まで読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援のクリック、どうぞ宜しくお願いします^^
   ↓ ↓          ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
クリックすると各ランキングサイトが別ウィンドウで開きます。
1日1クリック有効でLIKE◆USの応援となります。



関連記事
◆美酒記録◆ | Comments(2)
Comment
No title
こんにちはー^^

これは、ワインコーナーに置いてあっても全く違和感のない
むしろ、日本酒コーナーに置いてあるほうが
違和感のあるパッケージデザインですね。
しっかりアルコール度数もあるとのことで、
量も控えめに飲まないと
大変なことになりそうです(笑)
360mlなら二人で飲めば、飲みきりサイズなのがいいですね~^^
◆ ru:riさんへ
こんばんは^^


> これは、ワインコーナーに置いてあっても全く違和感のない

ほんと、私も売り場で見て「あれ?」と思いました。
飲んでみると違いがわかりますが、言われなければ???と疑問のまま
思う方がいるかもしれません。


> 360mlなら二人で飲めば、飲みきりサイズなのがいいですね~^^

そうですね。
このサイズだから買ったといっても過言ではありません。
さすがに大きいと買うのためらいます~

追伸:先日ブログにて紹介させていただいた大信州酒造さんの
「香月 純吟中汲み槽場直取り生」 なんですが、確認したところ
1月~3月、ぎりぎり4月くらいまで買えるかな?という数量限定のものだそうです。
それに、大信州さんのHPや直営店で取り扱いがない商品とのこと。
私は金沢旅行の際に立ち寄った酒屋さんにて購入したのですが、
大信州酒造さんを取り扱われているお店でも、全店にはないような感じでした。
(特別に取引がある店舗にだけ出されているような感じかと)
先日、偶然にも前々から決まっていた長野旅行の際に、大信州さんに立ち寄り
追加で購入したいと思っていましたが、手に入らず残念。
というか取り扱いがなかったのですが。
来年同時期に、最初に購入したお店にてチャレンジしたいと思っています。

管理者のみに表示