スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2011夏旅~福島・おとぎの宿 米屋さん~

2011年09月30日
過去記事「2011夏旅~出発から宮城県遠刈田温泉へ」
「2011夏旅~宮城・遠刈田温泉だいこんの花さん~前編」
「2011夏旅~宮城・遠刈田温泉だいこんの花さん~後編」
からの続きになります。

--------------------------------------------------------------------------
※本日は写真が多いです~^^;


福島県の父の実家(現在は伯父家族在住)へ15年ぶりに立ち寄った後
宿泊予約をしていたのは、福島県の須賀川市にある「おとぎの宿 米屋さん」
HPはこちら→


じゃらんのクチコミ件数75件で5点満点中4.9点というお宿。(2011/9/30現在)
宿泊の宿を決める際、クチコミは参考になるので重要視している箇所の一つなんですが
4点を越えていたら私の中ではOKかな?と思っているけれど、4.9点ってすごいなぁ~と。
これはぜひ行ってみたい!と思い、お世話になることにしました。


本館と離れとあるようで、私たちは本館のほうへ…
本館でも離れでも、全部のお部屋に源泉の露天風呂が完備されています。

また、離れはベッドスタイルで、本館は布団敷きスタイルでしたが
寝心地はとてもよかったです。





各部屋はそれぞれ違うイスや色味のようで、デザイナーズチェアも
ロビーなどで見かけました。
写真では分かりづらいのですが、座布団のカバーなど、オリジナルのファブリックらしく
とても可愛かったです。
布の量り売りは無かったですが、座布団カバーやランチョンマットなどは
売店にて販売がいくつかあるようです。

浴衣も1人2着の用意がありました。また部屋の鍵も2つ用意がありました。
浴衣はだんだんとシワになるし、朝用に別にあらかじめ用意されているのは
ありがたいですね^^
部屋の鍵も、カップルで宿泊となると、大浴場の利用時間が異なった時など
先に部屋に帰れますし、時間を気にしなくて済むのも◎です。
(先日のだいこんの花さんも、鍵は2つあったと記憶してます。
また、浴衣と作務衣の2種類の用意がありました。)

それに加え、「部屋用としてお使い下さい」と、ワッフル素材の衣類が!
これがまた着心地よくて、快適な時間を過ごせました。

写真にはおさめていませんが、部屋のタオルバーやトイレのペーパーホルダーなど
あちこちに、KAWAJUNのものが使われていました。
家づくりのブロガーさんの記事で拝見しつつも、現物を見たことが無かったので
(見ているかもしれないけれど気づかずに…だったかもしれませんが)
「なるほどこれか~」と、そのシンプルさカッコよさに納得してしまいました。


2011093002.jpg


部屋の中は温かみ、清潔さが満載で、到着時のお菓子以外に冷蔵庫に
冷たーく冷やされた「きゅうりの漬物」がありました。
部屋の露天風呂に入ったあと、ポリポリ食べるのがまた美味しい~♪


面白いのが、館内のつくり。

2階建ての温泉旅館を改装されたのだと思いますが、そう感じさせない
大胆な発想というか、女子好みの工夫で「なんじゃこりゃー」と
びっくりさせられます。


2011093003.jpg


洞窟のようなワインセラーに、ダイニングの入口からその個室まで
間接照明と、不思議な洞穴探検のような、そこにある可愛い動物の置物など
今までにない新鮮さでした。

さらに面白いのが、季節なのか月替わりなのかわからないのですが
昔話やおとぎ話のテーマに沿った夕食が出てくるところです。

2011093004.jpg

お世話になった時は「さるかに合戦」

写真は前菜ですが、柿のタネを拾ったサルと、おにぎりを見つけたカニを
イメージしたものだそう。
カニの爪の左にある小さなおにぎりがカワイイです。

そして、お料理を出して頂く時に、係の方が物語のあらすじをお話しして下さいます。
話を知らなくても忘れてしまってても大丈夫^^


2011093005.jpg


もちろん、その後から出される料理も、「柿のタネを植えたら芽が出た」とか
「柿の実がなった」などに合わせて、それをイメージしたものが出されます。
そしてお話も順に教えて下さいます。
全部を写真のおさめたけれど、種あかしになってしまうかも?と思い少しだけ
記事にすることにしました。
もちろん味も美味しくて… ぜひ行かれて体験して頂きたいです^^
写真一番下は、「合戦」をイメージした、2つの味くらべ鍋でした。



料理はとても美味しくて、雰囲気もバッチリ! お部屋も快適!
だけど、個人的に一番はやっぱりお風呂でしょうか。

※画像は米屋さんのHPからお借りしました
2011093006.jpg
 ←大浴場にあるこれ。
  何かわかりますか?

 これ、源泉ミストサウナです。

 灯りがともされた半透明ガラスの上を
 サラサラ~と源泉が流れ落ちていて
 天井からミストサウナが降ってくる
 という仕掛け。




流れ落ちる水(温泉水)の音と、降り注ぐミストと、程よい温かさと灯りの空間。
写真にはベンチのように見えるものは、実際は木の香りが漂うデッキチェアで
この上に座りもたれて、目を閉じるとリラックス効果抜群なんです^^

すごく気に入ってしまい、何度も入りました。 幸せだ…(また入りたい)


大浴場も、露天風呂も、脱衣所も、清潔で広く快適だったのは言うまでもありません。



2011093007.jpg



翌朝の朝食は、甘くて美味しいリンゴジュースから始まり、温泉卵に
美味しい煮物やサラダ、お味噌汁と、たくさん頂きました。


2011093008.jpg


三角の包みに入った納豆、地元のお米、どれもこれも美味しくて
ほっこり幸せな気分♪ そして朝食後にまた源泉ミストサウナへ^^

大渋滞でチェックインが遅れたのが残念。
次はぜひ連泊したいねと旦那さんと二人、次の目的地「日光」へと出発しました。







最後まで読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援のクリック、どうぞ宜しくお願いします^^
   ↓ ↓          ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
クリックすると各ランキングサイトが別ウィンドウで開きます。
1日1クリック有効でLIKE◆USの応援となります。
関連記事
◆ぶらり旅&温泉◆ | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
おはようございます^^

可愛らしいお食事や浴衣、源泉ミストサウナが特徴ですね!
お肌によさそう~!
実はちょっと大浴場は、衛生の面から苦手だったりするのですが
(↑潔癖過ぎですね^^;)
源泉ミストサウナはかなり魅力的><
個室にあったら最高なのに~と思ってしまいました。
◆ ru:riさんへ
遅くなりました^^;

> 実はちょっと大浴場は、衛生の面から苦手だったりするのですが
> (↑潔癖過ぎですね^^;)

これ、私も似たようなこと考えます。
決して嫌いではないけれど、脱衣所がホコリだらけとか髪の毛がいっぱいとか
あとは、風呂桶などの水垢、シャワーのホース部分が真っ黒とか、
ひのき風呂の劣化は仕方ないにしても、劣化具合が30%越えてたら
入る気にならないとか(笑)
あとは、大根を洗う?芋を洗う?でしたっけ、大勢なのもちょっと。

秘湯など、歴史や雰囲気満載の温泉も好きですが、それはそれで
きちんと清掃されているならOKですが、大型の旅館など
大浴場の暖簾をくぐるとスリッパが大量~ しかも帰り誰か履いて帰った!は
ちょっと苦手です^^;
なので、露天風呂付の宿を割と選ぶのもその理由があるから^^

こちらのお宿は、部屋数の割には大浴場も脱衣所も広く開放的で
かつ、清掃もきちんと行き届いてました。
脱衣所の清掃はマメにされているのを見かけました。
部屋に露天風呂があるから、大浴場は混まないのかも。

ru:riさんは私と同じ理由なのかはわかりませんが、上記のような
あれこれと理由がたくさんある私でも、120%快適に入れるお宿でした^^
お風呂に関しては私の今まで行ったお宿やお風呂の中で
ナンバー1だと思います^^
No title
至れり尽くせりのお宿ですね。
お食事の昔話、本当に粋ですね~♪
それに、とっても美味しそうです。

心身ともに癒されて、リラックスできたのでは??
◆ かんなさんへ
おはようございます。

本当、「至れり尽くせり」の言葉がぴったりのお宿でした。
じゃらんのクチコミ4.9点は間違いではなかったです^^

ここ数日、朝晩が本当に寒くなってきて、思い出すのはこのミストサウナの
ことばかり^^;
また入りたいです~

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。