スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2011夏旅~栃木・東照宮と日光はなぶささん

2011年10月03日

過去記事
「2011夏旅~出発~宮城県遠刈田温泉へ」
「2011夏旅~宮城・遠刈田温泉だいこんの花さん~前編」
「2011夏旅~宮城・遠刈田温泉だいこんの花さん~後編」
「2011夏旅~福島・おとぎの宿 米屋さん」
の続きになります。

旅行記、長くなりましたが、今回とあともう1回です^^;


------------------------------------------------------------

東北方面に旅行に行こう!と決めた時、ぜひ「寄りたい」と思っていた場所が
日光東照宮です。

私は日本史が好きなのでいつか行ってみたかったけれど、旦那さんはあまり
興味無さそう… それが大河ドラマを見るようになったのと、
天海=明智光秀?という都市伝説の番組を見てか(笑)興味が湧いたそうです。





2日前に過ぎ去った台風の後の冷え込みで、ひんやり涼しい~というより
寒かった^^;
緑が眩しく、凛とした空気が歴史や重厚感を引き立たせて、この迫力がたまりません。
来てよかった♪


2011100302.jpg


どどーんとすごい迫力の陽明門。

はぁ…  たぶん東照宮の門をくぐった時から私、ずっと上ばかり見ていたかも。
陽明門は柱が8本あって、そのうち1本が逆さまに取り付けられている
逆柱にすることで、魔除けの意味があるそう。
完成品ではないことを示し、「完成すると後は崩壊するのみ」ということから
未完成=崩壊しないとの意味合いがあるようです。
柱に「ぐり」と呼ばれる模様があって、それが他とは逆さまなので見分けがつきます。


2011100303.jpg


有名な「三猿」と「眠り猫」

テレビやガイドブック、はたまた歴史の教科書でも見たことあるわ~と
嬉しくてパチリ♪


2011100304.jpg


鳥居から何から、江戸幕府のすごさというか迫力がひしひしと伝わってきました。
あちこちに三つ葉葵の家紋がたくさん!
奥宮(家康が埋葬されている?)へ続く道はさらにひんやりと涼しく
由緒ある場所だからこそという雰囲気が漂ってました。



観光後、その日にお世話になるお宿へ向かいました。
「日光 はなぶさ」さん。 HPはこちら→

洋風なペンション?と思う外観ですが、一歩入ると奥はモダンな雰囲気。
こちらは温泉が湧いているお宿ではないけれど、露天のジャグジーがあったり
(部屋によって半露天もあるようです)
離れ形式の快適に過ごせるお宿でした。

2011100305.jpg

写真は離れの部屋へと続く道。

今回私たちは、一番奥にある「萌」というお部屋に滞在しました。

2011100306.jpg


快適な眠りにつけそうなベッド(実際にそうでした)とシンプルなソファー。
気分は、オシャレな別荘に来た感じ^^


2011100307.jpg


サニタリーもシンプルに、そして木があって優しい感じもあって…
お宿だからこそ自宅とは違って限りなく物が少ない空間なのだと
わかっているけれど、こういうの理想かも。

アメニティはPOLA(1種)とロクシタン(3種)から選ぶスタイルでした。
こういうのも嬉しい^^
他に、部屋にある固形ソープはロクシタンでした。
右の写真は、真っ白でシンプルな内風呂です。 ステキ♪


「萌」のお部屋は敷地の一番奥、川に近い場所にあります。
お部屋のテラスからの眺めは、嬉しいグリーン。


2011100308.jpg


そのテラスの一画に、ジャグジーがありました^^
この景色を眺めながら、解放感に溢れたジャグジーは最高!
部屋に入浴剤もあり、チェックイン時にジャグジーにて使用出来る
ブレンドオイルを1種類選べて頂けるので、それを入れての入浴は
もう言葉がないくらいリラックスした気分でした。


もちろん、お部屋だけでなくお食事も素晴らしくてとても美味しかったです。
フォアグラやとちぎ和牛ステーキ、おかわりもある手打ち蕎麦など。
他にも写真におさめたい料理があったけれど、ダイニングが完全に個室…
というわけではなく、ついたてや暖簾での仕切りだったため、
シャッター音が他の方に迷惑になるかも?と思い、少しだけの撮影となりました。


2011100309.jpg


面白いなぁ~と思ったのが、お皿。

一番下の写真、朝食の時に撮影したものですが、色んな豆皿が
少しずつ使われていて、可愛いなぁ~と。

現実的に考えてしまうのですが、自分だったら洗い物が面倒で
しないだろうと思われる盛り付けですが…
でもステキですね^^


チェックアウト後は、少し観光して大阪へとまた高速を走ります。
その前に、のんびりとゆっくりと、心も体もそしてお腹も満たされた
お宿でした。


2011夏旅記事は明日で完結です^^









最後まで読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援のクリック、どうぞ宜しくお願いします^^
   ↓ ↓          ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
クリックすると各ランキングサイトが別ウィンドウで開きます。
1日1クリック有効でLIKE◆USの応援となります。
関連記事
◆ぶらり旅&温泉◆ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
こんにちはー^^

本当に夕陽さんの「別荘」という表現がぴったりのお宿ですね^^

ロクシタンのアメニティなんて贅沢(*´∇`*)
旅館などとはまた違った趣きにリラックスできそうですね。

日光は中学の修学旅行で行ったきり…あのころはあまり興味も知識もなく
過ぎてしまったので勿体なかったです><
またじっくりと訪れたい場所のひとつです^^
◆ ru:riさんへ
こんばんは^^

こちらのお宿は、浴衣以外にバスローブがあったり、変わりに?
大浴場は無く、あくまで部屋でゆっくり~がコンセプトのようで
そのあたりが余計と「別荘」という雰囲気だったのかもしれません^^
お料理も、和洋中が上手くミックスされた感じでしたし^^

ロクシタンはほんとポイント高いですよね^^
もちろんすべて持ち帰り、中身がなくなってもトラベル用に
別のものを入れて使おうと思ってます♪

東照宮は本宮の外側が改修工事のさ中でした。
中には入れましたよ~
大人になって、また懐かしく向かうのもいいですね^^
そんな場所、いっぱいあります~

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。