加湿空気清浄機の購入

2011年10月14日
コードレスクリーナーの購入でダイソンかマキタか…を悩んでる中
旦那さんと相談して先に「加湿空気清浄機」の購入に踏み切りました。



 我が家はパナソニックの
 F-VXF65。
 2011年9月発売のお品。
 加湿器はこれからシーズンを
 迎えお値段が気になるところ。
 早々に家電量販店の
 Webサイトから購入しました。

 同じ商品でも、店頭とWebでは
 5000円近く値段に差が出る
 場合があります。
 (商品にもよります)
 あまり知らないサイトで
 不安を感じられる場合
 馴染みの量販店で実物を
 確認して、購入はその店の
 Webサイトでお安く…が
 いいかも^^ 




夫婦揃って鼻炎持ち。 旦那さんのほうが敏感なのですが、このところ頻繁に
くしゃみの連発、鼻がツンツン痛い…となってました。
季節にもよるのかな?と思いますが、辛そうにしているのを見て、知らんぷりも
なんだかな~と思っていて…

最初は加湿機能のついていない「空気清浄機」を購入するつもりでしたが、
我が家に加湿器は1台だけ。
毎年シーズンになると、日中はリビングに、寝るときに「よっこらしょ!」と
寝室に運び、また起きたらリビングに…を繰り返してました。(旦那さんが)
「面倒くさっ!」と渋々運んでいたけれど(本人も無いと困るから)
家電に特に興味を持たない旦那さんもさすがにチラシを見て検討しだして
「絶対に加湿機能付き!」とこちらの商品にしました。
(鼻炎は辛そう…と思いつつ、運ぶことに関してはかわいそうとか思わない鬼嫁な私^^;)



2011101402.jpg


こちらのF-VXF65は空気清浄は30畳対応、加湿空気清浄は洋室17畳となります。
後者を選択して65に決めました。(部屋の広さは30畳もありませーん)
パナソニック製品なので、エコナビとナノイー搭載です。

写真は稼働中… ○印のところ赤いランプがそのしるし。
ここが青になると「キレイですよ」のサインです。
色が変わってのお知らせ~なので仕方がないのですが、それ以外のランプの色を
もっと統一してくれたらなぁ~なんて思います。
緑に赤に青に…○印部分の色以外はシンプルで統一がよかったな…


エコナビ運転なので、空気がキレイな時は自動休止し電力を抑えられます。
美容器具「ナノケア」で定評のある「ナノイー」が搭載されているので
ほんの少し期待してみたり。


2011101403.jpg


吸い込み口が後ろではなく、前面や側面からなのが特徴のようで、
後ろは5cm程度壁から離すだけでOKなのが、場所を取らず効率よく
空気がキレイになるとのこと。
後ろから吸う他社のタイプだと、部屋によってはジャマになったりしますし。

横からはニオイや煙を感知して吸い取り、下からはハウスダストを吸い取ります。
感知した度合によって、吸い取る力を加減するようです。
(ハウスダストだなぁ~となったら、横より下のほうが強くなる)
かしこいなぁ~^^

キレイな空気は上部からスイングして出ます。


稼働させてびっくりしたのが、設置した場所から5m離れたキッチンの換気扇下で
旦那さんが換気扇を「強」にし、タバコを吸った時。
口から換気扇まで40cmくらい…正確には換気扇の整流板に吸い込まれる様が
見れるのが40センチくらいで、ファンまではその中さらに60センチくらい?
なのですが、それでも赤くパッパッパッと点滅して稼働したこと。

それまで「キレイですよ~」の青ランプだったのに、すぐにセンサーが働き
動き出した時は、感動でした^^

逆に考えると、今まで知らなかっただけで換気扇「強」にしてもそこまで煙が…
ってことですよね^^;;; イヤーーー!!

目に見えての働きで、買ってよかった満足のお品です。



一つだけ残念なのは… ニオイを感知するという意味で、どんなニオイでも
空気をキレイにしよう!と働くこと。
不快なニオイだけでなく、アロマや香水などの良い香り~も全部センサーが
反応してやっつけようとします…^^;

今までディフューザーなど楽しんでいたけれど、それが出来なくなりました。
どうしても!の時は、離れて、自分の顔に近くで…なんとか出来るか?というところ。

空気清浄機なので24時間365日つけっぱなしですが、気になるお値段は
とあるサイトにて、加湿空気清浄状態で静音モードの運転で1時間あたり
約0.2円のようです。(22円/Kwの場合)
1日4.5円くらい。 一か月150円くらいですね^^ 
これで空気がキレイになるなら嬉しい♪

ちなみにフィルターが3種搭載されていますが、10年が交換の目安です。
(使う場所・ライフスタイルにもよります)
他社さんはもっと短いようなので、これは楽でいいかも。

ただし、お手入れは月1や、集じんフィルターのお手入れは2週間に1度必要です。
便利な機能があるものこそ、手をかけていかなければなりませんが、
快適空間のためなら仕方がないですね。


まだ使い始めて2日くらいなので、集じんフィルターやメンテナンスの様子など
そのうちレポしたいなと考えてます。
鼻炎がマシになったかどうかも。











最後まで読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援のクリック、どうぞ宜しくお願いします^^
   ↓ ↓          ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
クリックすると各ランキングサイトが別ウィンドウで開きます。
1日1クリック有効でLIKE◆USの応援となります。

関連記事
◆家電とメンテナンス◆ | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
No title
こんばんはー^^

↓会員カードはIKEAのなので無料です~。紛らわしい書き方をしてすみませんでした><

特に必要性を感じたことがないというのもありますが、
メンテナンスのことや収納場所のことを考えるとなかなか><
でもきれいな空気は魅力的です~。
また夕陽さんの記事を読んでいるうちに
ファンデのように、欲しくなっちゃいそうです(笑)
No title
おはようございます!
ウチにも加湿空気清浄機が1台あるんですけど、同じように寝室とリビングを行ったり来たり・・。

その加湿空気清浄機を買った時に店員さんが、いくら部屋の大きさにあってるものを買っても同じ場所に置くより、お部屋の中で、時々移動させて置いた方が空気がきれいになると教えてくれました。見えないところで、空気の綺麗さにムラがでるんだそうです。そう、ここでもまた移動・・・。色々、面倒です・・・(笑)
◆ ru:riさんへ
おはようございます^^

> 特に必要性を感じたことがないというのもありますが、
> メンテナンスのことや収納場所のことを考えるとなかなか><
> でもきれいな空気は魅力的です~。

メンテナンスはフィルター掃除が2週間に1度。(掃除機で吸い込むだけ)
あとは月1くらいですね。
最初は面倒と感じてしまうかも…なんですが、慣れるまで頑張ります!

収納場所は無くても大丈夫ですよ^^
乾燥時期が終わったら空気清浄機として使うものなので(加湿機能をとめる)
ずっと出しっぱなしなんです^^
◆ かんなさんへ
おはようございます~

確かに、少しずつ場所を移動すると効果的ですね^^
大幅な移動でなくても、向きを変えてみるとかもいいですね。

我が家は一番ホコリが集まりやすく、ニオイの出そうな場所に
今のところ置いています。
ホコリがたまる=風の流れがそこにたまる場所かなぁ~なんて。
少しずつ工夫しながらやってみます^^
初コメです
いつも楽しく拝見させていただいております。

我が家でも加湿空気清浄機を検討中でして、ぜひ加湿性能についても教えて頂けないでしょうか?
どうも加湿空気清浄機の加湿はおまけ程度のような気がして決めかねています。

これからも楽しみにしています。
◆ rimiさんへ
こんばんは^^

訪問&コメント頂きましてありがとうございます。

> 我が家でも加湿空気清浄機を検討中でして、ぜひ加湿性能についても教えて頂けないでしょうか?
> どうも加湿空気清浄機の加湿はおまけ程度のような気がして決めかねています。

まだ使用して1週間もたたないので、大きな比較や効果は
わかりかねるところなんですが…

以前の(現在は寝室で使用している)ハイブリッド式加湿器と今回の
ナノイー搭載のとで明らかに何か違うか?と言われれば、特段何も
変化がない状態です。
肌が見違えるほどプルプルになった~とか、美顔器を使ったように…はないですね。

つまりは、別々でなくても一緒にまとめた加湿空気清浄機でも我が家にとっては
十分な品物ということなのですが、確実を求められるなら、個々に置いて、
フル回転させるほうが効果はあると思います。
この機種は、機能面のモードが「おまかせ」「空気清浄のみ」「加湿空気清浄」の
3点で、湿度調整は「おまかせ」と「加湿空気清浄」のコースだけです。
そして湿度に関してはほぼ「マシンが適度な湿度を保つ」なので、高加湿は出来ません。
他社さんのはわかりませんが…
ちなみに現在は、「加湿空気清浄」モードを使っていて湿度60%で使用しています。

表示の湿度が60%となっていても、各家庭での感じ方は違うようです。
例えば、換気を頻繁にしているとか、じゅうたんやマット、畳など
湿度をもっていかれそうなものの面積が大きければ大きいほど
感じ方は弱いようです。 壁や壁紙の材質なども。
空気清浄としては○○畳くらい、加湿なら○○畳くらい…と、
それぞれが同じ面積ではないので、置き場所の面積に合うものを
選ばれることも必要かと思われます。
空気清浄>加湿で加湿の対応のほうが面積は小さい範囲のカバーかと…

もちろん乾燥の時期が過ぎた場合、空気清浄のみの運転が出来ます。
それでもナノイーが発生します。

参考になれば幸いです^^

管理者のみに表示