2011秋・京都 自転車で紅葉散策 Vol.2

2011年12月07日
昨日の記事「2011秋・京都 自転車で紅葉散策 Vol.1」の続きになります。

小腹が満たされて満足した私たち夫婦は、自転車に乗り大徳寺へ向かいました。

今年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」をご覧になられた方は記憶に新しい
大徳寺の三門(山門)。千利休により二階二層門になり、その楼上に千利休の木像を置き
秀吉の逆鱗に触れ、切腹を命じられた要因になったと言われている門です。

2011120604.jpg

歴史にそう興味が無い夫でしたが、私と一緒になって大河ドラマを見ていて
「これあのときの門か~」と興味深そうでした。
何も知らずに見るのと、ほんの少しでも知っているのとでは、見方も変わり
楽しみ方も違ってきますよね^^
こちらの門は、一般には柵で覆われた外側から見ることしか出来ません。


その後、奥へと進み方丈と言われる公開中の建物へ向かいます。
こちらからは、素晴らしい枯山水の庭園と、日光東照宮の陽明門のモデルとなった
唐門を見ることが出来たのですが、どちらも撮影禁止。

↓ 頂いたパンフレットに掲載されていた写真になりますが、左側上下の写真が
枯山水の庭と、唐門(内側)になります。
少し金閣寺からも離れているからか、人で混みあっていることもなくゆっくりと
見学することが出来ました。 この時期、ちょっとした穴場かも!?

2011120605.jpg

写真の右側は、法堂の天井龍です。
こちらは10月ごろの数日だけ一般公開されるんだとか。 狩野探幽が描いたものです。
そういえば、9月に日光東照宮へ行った時も、「鳴き龍」として天井に描かれた龍の絵が
ありました。
当時は、天井に龍を描くのが一般的だったのでしょうか。
残念ながら期間は過ぎていたので、この目でしっかりと見ることは出来ませんでしたが
来年は辰年。 公開されたらぜひ見て見たいものです^^


2011120606.jpg


大徳寺はどどんと一つのお寺があるというわけではなく、20以上の塔頭があります。
全ては公開されておらず、期間限定であったり、非公開であったりと様々。

詳しくは長くなりますので、検索してみて下さいね。

その塔頭の間の通路には、ちらほらと赤く色づく葉がありました。
12月4日だと、見頃も終わりかなというところ。 ギリギリ間に合ってよかったです。


2011120607.jpg


塔頭の中の一つ、「黄梅院(おうばいいん)」も期間限定で公開されていたので
見てきました。
こちらは織田信長が亡き父、織田信秀公の追善菩提のために小庵を建立させたのが
由来だそうです。

残念ながら上の写真の向こう側からは撮影が禁止されていて、ここまでしか
画像は残せないのですが、それは見事な枯山水の庭園(破頭庭-はとうてい-)と、
その隣には紅葉の素晴らしい庭園(直中庭-じきちゅうてい-)が広がっていました。


外から見るよりも広く、渡り廊下を歩き、庭園を眺めてしばらく温かい日差しに
包まれてポカポカ気持ちよく時が経つのも忘れてしまいそうになりました。
枯山水の庭園で有名なのは龍安寺だと思いますが、こちらも見事です。
人も少なめなので、ゆっくりと眺めることが出来ますし^^

過度な華やかさより、控えめな禅の心。 
今よりずっと質素であったり、便利なものばかりではなかった時代。
そんな中で、昔の人々のほうが今よりずっと趣味が良かったんだなぁ~と気づかされました。



この後、チリンチリン~とまた自転車を走らせて、金閣寺へと向かいました。
続きはまた明日の記事にしたいと思います^^









最後まで読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援のクリック、どうぞ宜しくお願いします^^
   ↓ ↓          ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
クリックすると各ランキングサイトが別ウィンドウで開きます。
1日1クリック有効でLIKE◆USの応援となります。
関連記事
◆ぶらり旅&温泉◆ | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
こんにちはー^^

枯山水のお庭、もう大好きです!
本当は寝室側のお庭はこういった雰囲気が理想なのですが、維持が難しいですよね><
苔も見事!お手入れと長い年月の賜物ですねー。
明日は金閣寺なのですね♪
金閣寺は修学旅行以来かもしれません^^
◆ ru:riさんへ
こんにちは^^

石の名前を度忘れしてしまったのですが、確か説明によると
昼は太陽の光を浴びて、夜は月の光を浴びて反射する石が使われていると
聞きました。(白い石です) 昔の方はそれを照明代わりにしていたとか。
石を石庭のように、波打ったような模様とかにされるとか、いかがでしょうか^^

緑の苔と赤い紅葉のコントラストが素晴らしかったです。
ru:riさんのお宅も、季節が巡り、いい味になる楽しみがありますね^^
No title
ちょうど今頃の京都はキレイでしょうね。

ウチも同じで私が歴史小説が好きで大河ドラマもよく見てるので、ダンナさんもそれにつられて・・って感じです。
実際にその歴史の場所を訪れるのはアメージングですよね^^
以前、OL時代にほんの少しだけ京都の近く(でも、大阪)に住んでいたことがあるので、よく同僚と一緒に行きました♪人の少ない寺院などで美しいお庭を眺めながらぼ~っとするのが至福でした!
◆ かんなさんへ
こんにちは^^

この第一土日くらいが見納めだったようです。
期間限定で公開されている場所も、日曜までだったりで晴れてよかったです。

> ウチも同じで私が歴史小説が好きで大河ドラマもよく見てるので、ダンナさんもそれにつられて・・って感じです。

同じですね^^
ただ、戦国時代あたりがどうしても繋がらないところがあって、
有名武将の誰と誰が年代が同じなの?とよく聞かれます。
説明してるうちに、年表とかあったらなぁ~なんて言われてしまって^^;
今のところ拒否してます。

先日終了した江の後、来年の大河の平清盛の予告も面白そうでしたね^^
昔と違い、知っている役者さんの出演が多く、もともと興味がなかった
夫でも見やすいようです。

管理者のみに表示