同じモノでも、時が経てば新鮮♪

2011年12月16日
年末の大掃除の一環で、雑誌や書籍類を見直してました。
もう読まなくなった文庫本やハードカバーの本は、微々たる金額だとわかっていたけれど
古本屋へ持ち込みました。

ファッション雑誌などは、購入して四か月程度で、中の洋服と季節が合わなくなるので
その時に、必要な情報だけを残して処分してます。

捨てるか残すか… 迷った海外のガイドブックも古いものは処分としました。
今だったら、もし行こう!となれば図書館で借りられますもんね^^
どこに行くか迷ってガイドブックを参考に…よりも、行先が決まってから
見るパターンだと思うので、無くても不便ではないですし。



それとは正反対のこれらの情報誌。



雑誌「Meets Regional」の別冊として「日帰り名人」が発売されたのは
もうずいぶん前のことです。
その後、地域別であったり、テーマを絞っていたり、はたまた別の出版社からも
似たような特集が組まれたりしていたのを購入してました。

裏表紙を見たら2003年とか発行のようです… 8年前か~

2011121602.jpg

まだ結婚前、お付き合いの頃のデート先を選ぶのに、買って読んで
「ここ面白そう」とか話しながら、あちこち出かけてました。
洋服を買いにショッピングとか、そういうデートにあまり興味のない二人。
洋服は彼氏(今の夫)より、友達と行くほうが楽しかったですし、
それよりも週末になると車で大阪を出て他府県の温泉地へ行ったり
釣りとかイチゴ狩りだとか、食べ歩きとか、そういうのが好きでした。

結婚してからは、お財布事情とか週末はゆっくり家で…とか、逆に
「いつでも行ける」という感覚で、出かけることが少なくなりました。
それに、これらの雑誌の興味のあったところは、たいてい行きつくした感もあって。


大掃除… この雑誌も処分かしら…と思いペラペラとめくっていたら…
意外にも、結婚前には全く興味がなかった場所など気になるところが
いくつも出てきました。

お互い実家暮らしだったあの頃、道の駅の野菜直売とか、魚の直売とか、
そういうのに興味が無かったけれど、結婚した今は自分たちで好きに買えるし
むしろ色々見て見たい!なんて^^


早速、週末に雑誌に乗っていた漁港の朝市へ…


2011121603.jpg

8年前の雑誌に載っているくらいですから、新しい情報でもないけれど
私たち夫婦にはすごく新鮮に映りました。

一応、行く前にPCでも確認をして、今もその情報が生きているか検索しました。

すごく寒かった休日の朝、新鮮な魚や野菜を威勢の良い掛け声の中、
あれこれ見て回り、焼き立てのお餅や、即席で食べれるうどんなど
ハフハフしながらほおばって^^

目的が不明瞭だけれど、何か面白そうな場所はないか…となった時
やはり頼れるのはこういった雑誌だと思います。
逆に、したいことが決まっている場合は、ネットで調べるのが一番早くて
すごく便利ですよね。 
むやみに捨てずに両者を活用しながら今回は処分を見送りました。



2011121604.jpg

早速目を通して気になるところには付箋を…

時が経ち、しばらく日の目を見なかった物でも、最後まで活用出来そう…
それが証拠に、気になるところ(=付箋)がいっぱいです^^


最近はずっと「捨てる」「物を持たない」ことが美学のような風潮ですが
縁あって手元に来たものは「大切にする」「活用する」ことは
それよりもっと素晴らしいことだと思います。







最後まで読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援のクリック、どうぞ宜しくお願いします^^
   ↓ ↓          ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
クリックすると各ランキングサイトが別ウィンドウで開きます。
1日1クリック有効でLIKE◆USの応援となります。
関連記事
◆日々の出来事2011◆ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
こんにちはー^^

私も夕陽さんと考え方が近いのでとっても共感が出来ます^^

今回の雑誌もとても年を経てまた有益に活用されていますね^^
確かに、市場などそういったところへ興味がわくのは家庭をもったからこそですよね^^

付箋の中から旦那さまとどこへ行こうか一緒に考えるのも楽しそうです♪
◆ ru:riさんへ
こんばんは^^

似たような物の考え方だとおっしゃって頂いて、心強いです。
今使わない物が今後一切使わない物とは限らないなぁ~と、最近流行りの指南書を
見て思った感想です。
指南書通りにしたけれど、後で必要になってもその時の責任は自分にある。
そう本当に理解し、認めると決めた人だけ行うべきなんじゃないかなぁ…と。

ru:riさん宅にある、歴史のあるもの、きちんと手入れされてきたものなどを
拝見すると、今使わない物=自分に必要じゃない物 なんて思えないですよね。
時々眺めては、その時代に思いをはせたり、何か勇気づけられるものがあったり
そうやって家族で会話したり、懐かしんだり、かけがえのない時間だと思うのです。

市場で何を買ったとか、まったく記事にしてませんでしたね^^;
朝早くに行ったんですが、終わり時間が近づくと半額になったりするようなので
今度はもう少しゆっくりめに行く予定です。
結婚し住まいが一緒になって初めて楽しめるスポットだなぁ~と実感してます^^

管理者のみに表示