スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

忘れないこと、続けること

2012年03月11日
東日本大震災から1年が経ちました。


記事を書こうと思い、何度も下書きしましたが、うまく文字に出来ずにいます。
あの日からテレビやネットを通して見た光景はほんの一部であり
その奥にはたくさんの苦労や悲しみ、それでも前を向こうとされている
気持ちなどを考えると、どう言葉を文字で表したらよいか見つかりません。

愛する人や大切な思い出の詰まった住まいを、ある日突然失う悲しみは、
経験したことがない私には計り知れず、想像を絶します。
「それでも進まなくては」とインタビューでみるたびに、何故だかこちらが
励まされたような、「小さいことでくよくよしていたらダメだ」と思いました。



親戚が多数、福島県や茨城、千葉などに在住している私、
震災直後、仕事ではあったけれど救援活動で岩手へ向かった夫。
(短い期間ではありましたが)
3.11が近づくにつれて特集番組をテレビを通じて見て、
それぞれに東北に対する気持ちや経験、思い出を重ねながら
微力ながら何か出来ないかなとか、今年も昨年同様に福島を始めとする
東北へ旅行に行こうかとか、そんな話をしています。
私たちに出来ることは少しだけで、何か大きく変わるか?と聞かれても
決して大きくはないだろうと思うけれど、自分たちの出来る範囲で
何かしたいという思いは、今も変わりません。
忘れずにいることもその一つ。


家族や友人と昔の話をした時、自分とのことを相手が覚えて
いてくれたら嬉しいです。
自分の居場所があるんだ、心に残っているんだ…と。

あの日の映像やインタビューを見ながら、少し自分と重ねて想いを馳せたり、
様々な状況を記憶に残したり、そして今の自分があるのは
周りにいるみんなのおかげだと、感謝の気持ちを言葉にしたいと思います。






------------------------------------------------------------------------


昨年10月に植えた春咲きのラベンダーは、つぼみも花もまだです。


2011101202.jpg

↑ 上のこの写真は半年前に植えた頃の様子。



葉っぱのままの状況が続くと、毎日見ていると何も変わらないように感じますが、
写真に収めて、上の半年前と比べたら…







枝も増えて成長してるとわかります^^


本格的に暖かくなったら、どんな花を咲かせてくれるんだろう…
災害の大きかった地域も、時間がかかるかもしれないけれど、
いつか枝葉が広がり花が咲く日がくると信じてます。




夕陽
関連記事
◆日々の出来事2012◆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。