スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

遊び心のある加賀麩と懐かしい飴

2012年05月09日
一昨日と昨日に。GWに石川県へパワー充電の旅の記事を書きました。
過去記事→5月7日パワー充電の旅2012春@石川県【前編】
        5月8日パワー充電の旅2012春@石川県【後編】


そこで自分用のお土産として購入したものの2点を紹介させて下さい。


まずは、創業天保元年1830年から続く「俵屋」さんの飴です。




壺に入った「じろあめ」が有名ですが、ちょこっと食べたいので私は一口サイズの
飴を3種類購入しました。
左から、「飴ん子(しろ)」「俵っ子つぶあめ」「俵っ子れん乳」です。
「しろ」とはもともとの味から何も味付けをしていないもののことで、
練ってやわらかくした飴です。 少し柔らかめ。

俵っ子は練らずに粒にした飴で、「つぶあめ」は「しろ」と同じ、本来の飴の甘さのまま
「れん乳」はその名の通り、れん乳を加えたもの。

どれも懐かしい、素朴な優しい味のする飴ばかり。
俵屋さんの飴の原料はお米と大麦だそうで、砂糖がないころに穀物から甘みを得て
作られたとのこと。
体にも心にも優しい、そして料理の隠し味にも使える素晴らしい飴です。

他にも、現代風に色んなフレーバーの商品もあるので、次は別のものを食べてみたいです。



続いて、加賀麩「不室屋」さんの「宝の麩」… 色んな形のふやきの麩の中に
乾燥させた野菜や具材をつめておすましや加賀味噌味の味噌汁として味わう品物です。

2012050902.jpg

このブログを始めた2年数か月前に一度こちらの商品を紹介させて頂いたことがあります。
その時は伯母に土産として頂いて、写真におさめ記事にしました。
まだ古いデジカメでキレイに撮影出来なくて…^^; 改めて紹介させて下さい。

個々のパッケージをあけると、可愛らしい形のふやきの最中と出汁の小袋が
出てきます。
それを椀の中に入れて、最中の真ん中を箸で割ってそこにお湯を注ぎます。

2012050903.jpg


すると中から野菜や具、麩が出てきます^^
目にも鮮やか、遊び心たっぷりで、ユニーク!

2012050904.jpg

前田利家のおひざもと、伝統の花が開いた金沢は、こういう粋な品物や
繊細な仕事に長けている街なんだなぁ~と実感します。

定番中の定番土産のようですが、まだお試しでない方はぜひ^^
個々の本店も雰囲気があり素敵ですが、両方まとめて~なら近江町市場向かいの
めいてつエムザの地下で買えます。


写真にはおさめてませんが、あとは干物など魚介系、そして忘れちゃならない
加賀の地酒を数本買って帰りました。
地酒はおいおい、「美酒記録」として紹介させて下さいね^^
今、数本ずつ開けて味見中~です^^♪




最後に、以前からお世話になっている方からお土産の置物を頂きました。

2012050905.jpg

加賀友禅で作られたのかな?と思われるカエルの置物。
小さいおちょこに入ってなんともいえない癒しの表情のペアのカエル^^
大切に飾りたいと思います。 ありがとうございました。






最後まで読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援のクリック、どうぞ宜しくお願いします^^
   ↓ ↓          ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
クリックすると各ランキングサイトが別ウィンドウで開きます。
1日1クリック有効でLIKE◆USの応援となります。
関連記事
◆ぶらり旅&温泉◆ | Comments(6)
Comment
No title
こんにちは!

わたしまで旅を満喫してさらにお土産までいただいた
気分にさせていただきました^^ありがとうございます♪

お麩のおすまし、とっても美しくて楽しいですね~!


新しいもの、流行のものを求める一方で、
伝統や古き良きものに触れたいと思う心も大切にしたいですね。

最近の旅と言えばレジャーや避暑をかねて、、、ばかりだったので、
知的好奇心を満たしてくれるような旅をしてみたいな~と思いました。
(もちろんそこには温泉とおいしいものも^^)

No title
加賀麩!!石川県を知らない私ですがこれは知ってる!!
そういえば、以前義母から貰いました。
お土産だったのか頂き物で食べきれないから
お裾分けしてくれたのか忘れちゃいましたが。
パッと見、最中かな~なんて思ってよく見てみたら、お吸い物で。
いろんな種類があって,見た目にもキレイで楽しめたのが印象に残ってます!
飴も素朴な雰囲気が素敵ですね。
石川県・・・いつか行ってみたいです。
◆ ゆよんさんへ
こんにちは^^

すごく嬉しいコメント頂いてありがとうございます^^

古くから伝わるもの、伝統、技、味、きっと何か意味があるから
続くのだと、今の歳になって実感しています。

お子様がいらっしゃったら、お出かけの内容は全然違うと思います。
逆に夫婦二人の私たちでは気づかない、行かない(行けない)場所だったり
今はそちらを満喫し、もう少し月日が経ったらまた楽しめる場所も変わり
ますよね。
今からその日を待ち遠しく思う、近いような少し先の未来の楽しみに
つながりますね^^
No title
こんにちはー^^

飴のパッケージがまた素敵ですね~!
素朴な和の感じ、とっても好きです。
味も砂糖が入っていないということで優しいお味なのでしょうね~。
料理のアレンジ…と言うのがどうやって使うか気になりました!

宝の麩はなんだか中国の花が開くお茶を思い出しました。
国は違っても人間の発想って似てるんだなーと思ったり^^
味はさることながらこういった
サプライズも、また楽しみのひとつですよね!
◆ 奈緒さんへ
こんにちは^^

加賀麩をご存じとのことで、共感出来て嬉しいです^^
伝統の中に、遊び心のある素敵な品物ですよね。
私は今回、この商品だけ手に取り購入したのですが、店頭で
麩菓子を試食させて頂きました。 揚げた麩に砂糖がまぶしてあって…
揚げパンとか、そういう懐かしいお菓子のイメージでした。

いつか行かれた時、ぜひお店に足を運んでみて下さいね^^
その日のためにも自分のためにもまた面白いものがあるか、私も
ちょくちょく足を運んでみたいと思います。
◆ ru:riさんへ
こんにちは^^

> 味も砂糖が入っていないということで優しいお味なのでしょうね~。
> 料理のアレンジ…と言うのがどうやって使うか気になりました!

甘すぎず薄すぎず…という味ですね^^
体に良いんだろうなぁ~とか、なんだろう、心癒される甘さ…という具合^^
料理にも使えますとのことですが、具体的にどう使うのかまでは
記載されていなかったので、隠し味?くらいかもしれません。
簡単になら、紅茶の中に入れるなどもいいかもしれませんね。

単に食べる…だけでなく、目で楽しむ、目からも味わう、
それは万国共通なのかもしれませんね^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。