スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

緊急災害用避難グッズの見直し(2012年)

2012年08月30日
間もなく9月1日の防災の日ということで、我が家の緊急災害用避難グッズの中身を
見直しました。
賞味期限、消費期限などもあるので、毎年この時期に見直しています。
折しも昨日、「南海トラフ巨大地震」についての被害試算が発表されたところ。
津波はもちろん、家屋の倒壊、火災、液状化、様々な被害の中、
救援もままなりません。
数日は自分たちでしのぎ耐えなければなりませんから、そのために出来る準備は
しっかりしなくてはなりませんね。



我が家のグッズの置き場所は、玄関の靴箱と壁の間の隙間。
建築時に靴箱の大きさからこのような隙間が出来て、傘立てを置いてたんですが
そこにスチールラックを設置して、上下にリュックとキャリーケースの2つに入れた
グッズを置いています。
キャンドルは靴箱の中に入れてます。





災害はいつ起こるかわかりません。
その時の状況に応じて、家の中にいたとしても避難する経路は玄関からだとは
限らないです。
なのでこういったグッズを常駐させておく場所として、玄関は必ずしも適切では
ありません。
ただ、家族間で把握すること、手ぶらで避難した場合や出先で見舞われた場合
後から取り出すために覚えやすい、わかりやすい場所として、我が家の場合は
この場所を選択したまでです。
万が一、家が倒壊した場合、そこから取り出すとなったら、出口に近い方が
取り出しやすいかも?と思ったりも。


一番は家の外に保管することでしょうか…
じょうぶなベンチにもなるような形のキャリーケースなど、そういったもの。
家が倒壊しても、外なら問題なく取り出せそうです。
我が家も当初はそのようなことを夫と話し合ってました。

家のガレージに、100人乗っても大丈夫~な物置があるんですが、
その中は余裕が無くて…
一番の場所取りはスタッドレスタイヤ… もうスノボもあまり行かないし
年数も経っているので処分したいです^^;
そこがあけば、グッズももう少し充実させて置けるのに。
夫と相談してみます。


あと、リュックとキャリーケースにした理由は、私一人でも両方持てるように
するため。
災害が起こった時、夫と一緒にいるとは限りません。

荷物も全部自分で運び出さなくてはならないので、背負って両手があいて
そこに何か持てるもの…というスタイルに。
キャリーバッグなら、引きずって歩けるかな…と思って。

ただし、あちこち倒壊したり、液状化、地割れ、津波などに遭遇したら
何の意味もありませんが…



少し長くなるので、続きはまた明日。
買い直したもの、追加したものなど、自分なりに必要と思われるものを
チェックし入れ直してます。









最後まで読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援のクリック、どうぞ宜しくお願いします^^
   ↓ ↓          ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
クリックすると各ランキングサイトが別ウィンドウで開きます。
1日1クリック有効でLIKE◆USの応援となります。
関連記事
◆日々の出来事2012◆ | Comments(2)
Comment
No title
こんにちはー^^

確かに夕陽さんがおっしゃる通りいちばんいいのは外の物置の中でしょうか。
ただ、保険証のコピーや食べ物はやっぱり家の中かなと思いますし
なかなか一か所にまとめるのは難しいですね><
しかもウチも物置はもういっぱい^^;
昨年から少しずつ私も避難袋の中を見直してますが
なんとなくまだ不安がありまして…。
明日の夕陽さんの記事をまた参考にさせてくださいねp^^q
◆ ru:riさんへ
おはようございます^^

> なかなか一か所にまとめるのは難しいですね><

同じく!
食べ物と小銭、身分証明や連絡先を書いたノートはやっぱり
家の中に置きたいですよね。
物置にだって屋根や扉があるけれど、やっぱり家の中とは全然違いますし。
昨晩夫と話し合ったら、物置も鍵がないとあけれないから…という話になり
今回は見送ることにしました。

何が必要か、否か、私も不安です…
備えあれば憂い無し。 あるに越したことないですよね。
でも、避難先の自分たちのスペースはそんなに広くないですし
目の届く、管理できる量でないとダメかな…なんて思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。