スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

紅葉と温泉を求めて@和歌山城

2012年11月26日
お天気の移り変わりが激しいこの頃。
連休のうちの2日間で、和歌山県へと出かけてきました。

目的は前々から宿泊したいと思っていたお宿に行くため。
そのついでに紅葉も少しは見れたらいいなぁ~なんて^^


幸いにも朝晩の気温は低かったかれど、空は快晴となった2日間。
今回は夫と2人の旅行でしたが、どちらが晴れ男なのか晴れ女なのか?
とにかく車での移動中は、日差しが入り込んで暑いくらいの車中…となりました。


まずは向かう道中のSAにて。
北山村特産の珍しい柑橘「じゃばら」を使用したソフトクリームで車中の暑さを
しのぎます。 しっかりとした味だけれどさっぱりとしてとても美味しかったです。



その後、車は目的地へと進み、途中で和歌山ラーメンを食べました。
有名なお店が多々あるそうですが、私たちはネギのたっぷり乗った
○イさんのを頂きました。 濃厚なスープで美味しかったです^^
(○イ=○の中にイと書いてあるお店です)



紅葉が見れるかな?と、和歌山城へ寄りました。


2012112602.jpg

天守閣からは海が見え、気分はお殿様!?

徳川御三家の紀伊徳川家の居城だったこちらは、徳川八代将軍吉宗や十四代将軍
家茂が城主となったお城ですね。
今は戦火で焼失しその後復元された天守閣や、石垣が残りますが、
全盛期はたくさんの御殿や大奥もあったようで、今は跡地として残ります。

天守閣に登るまでの道のりは、短いながらも急な階段があり、
当時の方は行ったり来たり大変だったろうなぁ~と…
でもお殿様は滅多に外出しないでしょうし、外出してもカゴに乗って…
ですよね^^;

想像するに当時は、城下町も栄え、お忍びで出かけたりしたのかなぁ~とか
忍者が瓦屋根をつたい行き来したのかな?とか、賄賂を受け取って
「そちも悪よのぉ~」なんて言ってたのかな?とか、そんな話を2人でしては
大笑いして^^; 時代劇の見過ぎでしょうか…


西の丸庭園は紅葉溪庭園とも呼ばれ、和歌山城内では一番の紅葉スポットでした。

2012112603.jpg


観光や、地元の方なのか着物姿でカメラマンと撮影している女性がたくさん
いらっしゃいました。

新緑の頃が一番好きですが、やっぱり見事に赤く染まる紅葉もいいですね。

2012112604.jpg

赤以外にも黄色であったり、まだ緑が多く残るものもあったりで
様々な色合いの万華鏡を見ているようでした。


素晴らしい景色を楽しんで、今夜お世話になるお宿へと向かいました。

今回お世話になったお宿は、いつか行ってみたいと思っていたところ。
詳細はまた明日の記事に書かせて下さいね^^






最後まで読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援のクリック、どうぞ宜しくお願いします^^
   ↓ ↓          ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
クリックすると各ランキングサイトが別ウィンドウで開きます。
1日1クリック有効でLIKE◆USの応援となります。
関連記事
◆ぶらり旅&温泉◆ | Comments(2)
Comment
No title
こんばんはー^^

きっとお父様の晴れ男を受け継がれた夕陽さんのパワーのような気がします^^

紅葉も見事ですね~!
お城に、モミジ、池と日本らしい風景で癒されます^^

たまには夕陽さんたちのように夫婦水入らずの旅行へも出掛けたいものだな~と思いつつ、なかなか夫の仕事の休みの予定が立たず計画も建てられず^^;
夕陽さんのお宿の記事は、私の行きたい宿リストに溜るばかりですがとっても楽しみにしております^^
◆ ru:riさんへ
こんばんは^^

> きっとお父様の晴れ男を受け継がれた夕陽さんのパワーのような気がします^^

あはー^^そうかもしれませんね。それか父が実家から願いに願って
くれたのかも!?

昨年、京都へ紅葉狩りに出かけて、今年も…と思っていたら
温泉行きの案が夫から出まして、探していたらいつかは…と思っていた
お宿に空きがあり、ラッキーとばかりに出かけてきました。
お城と言えば名古屋城! 遠目でしか見たことないのですが、
いつかは登ってみたいです。

> たまには夕陽さんたちのように夫婦水入らずの旅行へも出掛けたいものだな~と思いつつ、なかなか夫の仕事の休みの予定が立たず計画も建てられず^^;

お仕事が一段落されることを願ってます^^
急遽休みが取れて急いで探してお世話になったお宿が、すごくよかったりすると
またそれも楽しかったりしますね。
昔、若かりし頃、日帰りか車中泊程度に考えて出かけた際、
疲れてどうしても泊まりたいと、休日だったのにお宿に飛び込んで
空きがないか聞いたことがあります。
偶然にもキャンセルが1室出たとかで、夕食時間がとっくに過ぎていたので
お値段の交渉などして、格安で宿泊出来たことも^^
有名温泉地の高級旅館での出来事だったので、すごくラッキーでした。
今では良い思い出です。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。