あべりあの花酵母 「山車」

2012年12月06日
9月に両親と伯母と夫と5人で岐阜県の高山や長野県の上高地へ行きました。
その時に自宅用のお土産として購入したお酒を2種類紹介させて下さい。


高山市にある原田酒造場さんが作られているお酒「純米吟醸 山車」

「山車」とは、「だし」

酒造場が高山市ということで、日本三大曳山祭の一つ「高山祭」に使われる
山車から命名されたのだろうと思います。
高山祭は春と秋に2日間ずつ行われるそうで、一度みてみたいと思いつつ
まだ機会に恵まれていません。 いつかは^^




購入の際、ボトルに書かれた「あべりあ花酵母」の文字が気になりました。
初めて見た気がします。

日本酒を作る際、「酵母」が必要になりますが、こちらの商品は
「あべりあ」という花の蜜から酵母を分離してそれが使われたお酒。
調べてみたら、全国にいくつか使用されている酒造メーカーがありました。
でも、私は初めて見た…ということは、まだまだ知らないお酒がたくさん
あるということですね^^
また一つ勉強になりました。


気になるお味はというと… フルーティで飲みやすい^^


初めてお酒を購入するとき、試飲が出来ればありがたいのですが
それが無理な時は、説明書きやラベルを頼りに、店員さんに聞くなどして
購入に至りますが、それすらも無理な場合は(土産物店で陳列されているものを買うなど)
もっぱらイメージや印象で買うこともあります。


いくつか並んでいる種類の中から、キレイなボトル、ラベルがステキなど。
上記のお酒は陳列の中でもキレイなブルーのボトルだったので手に取ることに。
味のイメージもわからない「賭け」みたいな購入方法ですが、
そのお酒は美味しければ、それもまた楽しく幸せな気分になります^^


同様に選んだもう一つ選んで我が家にやってきたお酒。

山車の「花」

2012120602.jpg

こちらは重厚かつ品のあるイメージだったので購入しました。
印象としては上記のブルーよりこちらのほうが甘め?と思っていたのですが
お味はガツンと、上記のブルーのほうが優しい口当たりでした。
その意外な「裏切り」もまた楽しい。


このどちらのボトルも嬉しいのが、180mlずつの小瓶であることでした。

一升瓶や720mlのボトルに比べたら割高にはなってしまいますが
少量ずつ色々と楽しみたいと思う私たち夫婦には嬉しいサイズ展開です。


このご時世、コストの面で難しいかと思いますが、全国のお酒がこのサイズで
展開があればいいなぁ~なんて^^
そしたら一生のうちに試せるお酒の幅が広がるんだけれど…と
果てしない欲求は続くのでした^^;


********************************************************

気象庁が12/9頃から一週間の予報で「異常天候早期警戒情報」を
発表しています。(関東・甲信越から、九州南部奄美まで)
例年に比べ、この期間の気温が異常に「低くなる」とのこと。
低温になり、山沿いは大雪になったりするとのことです。
早めに寒さ対策を万全に、出かけ先の天気をチェックし冬用装備を
忘れずに、お互いに気を付けて乗り切りましょうね!







最後まで読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援のクリック、どうぞ宜しくお願いします^^
   ↓ ↓          ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
クリックすると各ランキングサイトが別ウィンドウで開きます。
1日1クリック有効でLIKE◆USの応援となります。
関連記事
◆美酒記録◆ | Comments(2)
Comment
No title
こんばんはー^^

あべりあ花酵母、初めて拝見しました~!
まだまだ知らないお酒ってありますね!
わくわくしちゃいます♪

一合瓶というサイズも珍しいですね^^
あまり一合瓶のお酒であたりだったことがなく(発泡系は除いて)
購入を避けていたのですがこちらはそそられます~。

今日も珍しいお酒を紹介下さってありがとうございました!
そろそろお正月に向けて、酒屋が恋しくなってきました(笑)
◆ ru:riさんへ
おはようございます。

> あべりあ花酵母、初めて拝見しました~!

私も初めて見ました^^
飲んでみて、格段に何かが違うというのではないのですが
ほんのりフルーティな感じです。
あんまり花のニオイっていうのも、芳香剤っぽくて苦手なので
これは全然問題なく飲めましたよ^^

> まだまだ知らないお酒ってありますね!
> わくわくしちゃいます♪
> そろそろお正月に向けて、酒屋が恋しくなってきました(笑)

本当、そうですね^^
知ってるお酒のほうが圧倒的に少ないと感じてますが、知らないお酒の
種類が果てしなく多いんだろうなと実感しています。
お正月に向けて、今までお取り寄せした酒造からDMで「祝い酒」の案内など
ぞくぞくと届いています。
あとは、スーパーや郵便局などのお歳暮カタログにあるお酒が気になったり。
これからも美味しいお酒に巡り会えますように^^

管理者のみに表示