前向きな発想転換にプラスして

2013年04月15日
最近の愛読書は↓こちら
「一瞬で気持ちを切りかえる!凹まない人の感情整理術」

心理カウンセラー 植西聰氏の書かれた本です。
文庫本サイズで手に持ちやすく、リビングでも、寝る前に寝室で、
ちょっとお出かけの電車の中の時間に…と、読んでいます。



写真にチラリと写っていますが、特に気になる言葉のページには付箋を貼ったりも。


昔はそんなに気にならなかったことも、年を重ねていくと、
自分の力ではどうしようも出来ないことであったり、
相手があって理不尽にも多大なガマンを強いられることって
多いですよね。
それは勤務先であったり、家族であったり(私の場合は義母さんとか^^;)
あるいはご近所付き合いだったり、お子さんがいらっしゃる方ならママ友とかも?

曲がったことがキライ! 
世の中、自分以外の誰かがこの世にいる限り、「正しい答え」を持ち出しても
それで全てが上手くいくってことはなかなか難しいもの。
良い意味で折れたり、引いて客観的に見てみたり、臨機応変というか
「さらっとやり過ごすスマートさ」みたいなのが必要だなと、年々感じてます。

私の場合、考えすぎて余計と迷路に迷い込む… そんな感じ。
「仕方ない」「ほおっておけばよい」
そう割り切れれば、大した問題でもなさそうなところを、
先々の不安を考え、これ以上自分が巻き込まれたくないが故、今を正そうと必死になる。
結果、答えが見えず一人で疲れている…そんな感じでしょうか。

「正しいこと」という考え方で、自分をがんじがらめに縛りつけていたのかも
しれません。


2013041502.jpg


長年変わらず生きてきた相手に、「変わって」と思うほうが無理無理!(笑)

夫や他の家族に友人と、ありがたいことに味方がたくさん居て
悩んでいる時間があれば、支えてくれる人と過ごす時間や楽しいことを
考えることに時間を使いたい。


この本は、様々なパターンの凹む要因から気持ちをプラスに変える方法や考え方を
およそ110以上に分け、そのコツを見開き左右1ページずつにまとめられています。
自分の悩みにあてはまりそうな項目とプラスに考えるコツが、
少ない時間でも簡単にわかりやすい言葉で読み切ることが出来る…
自己嫌悪に陥りやすい、背中を押して欲しいと望まれている方にオススメです。



読書の際にあったら便利なのが「しおり」ですね。

実は今までこれというものを持っておらず、書店で購入の際に挟まっていたものとか
カバーを付けていない本なら、背表紙をぐいっと持ってきて挟んだりとか
気にせずにいました。


2013041503.jpg

せっかく前向きになろうと思って手に取る本なのだから…と
厚紙+折り紙とマスキングテープで、お手軽「しおり」作り^^

プラス、捨てるにはもったいないけれど持て余している「刺繍糸」で
紐をつけました。
少し前に刺繍糸で作ったタッセルをここにつけようか迷ったけれど、
ここはシンプルに^^


さぁ! 今週も明るく楽しく生きましょう!






最後まで読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援のクリック、どうぞ宜しくお願いします^^
   ↓ ↓          ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
クリックすると各ランキングサイトが別ウィンドウで開きます。
1日1クリック有効でLIKE◆USの応援となります。
関連記事
◆ハンドメイド&リメイク◆ | Comments(4)
Comment
No title
■夕陽さん

こんばんはー^^

しおり、かわいいです~♪

私は鈍感なので、あまり大きく凹むことはないのですが
「いろいろと感じられる力」というのは
コントロールが出来るととても役に立つ力だと思います^^

そして、自分の価値観(正しいと思うこと)と人の価値観は
違って当たり前と思うようにしています。
頭で分かっていても、気持ち的にまだまだ
修行が足りないこともありますが^^;

話は変わりまして、先日の地震。
夕陽さん、ご家族ともに被害がなかったようで良かったです。
このまま落ち着いてくれることを祈るばかりですが
私もいざというときに行動出来る力をつけなければ…と思いました。
No title
ちょうどいまさっき、facebookでお友達が同じ本の写真を投稿していました。
今、話題の本なのでしょうか。
人付き合いは色々ありますよね。
「さらっとやり過ごすスマートさ」人間関係を良くするにはもっとも大事なことかも。
我が夫を見ていて凄く感じるのですが、会話をしていると
(相手が私でなくても誰であっても)まず受け入れるの。
「なるほどね〜」とか「そういうのも一理あるよね〜」とか。
そして、受け入れてから、自分の意見を角が立たないように言う。
すごく上手だなあと夫ながら尊敬しているんです。
私は、意見が違うとついむきになって「でも〜」とか「え〜?!」とか
ついつい否定的な言葉が最初に出てきちゃう。
直さなきゃ!と痛感している悪いところです。

手作りのしおり、素敵ですね。
読みかけのページを開くたびに嬉しい気分になれそう♡
◆ ru:riさんへ
こんばんは^^

> しおり、かわいいです~♪

ありがとうございます。
このくらい小さいものなら、色も冒険出来てなんだか新鮮な気持ちです。

> 私は鈍感なので、あまり大きく凹むことはないのですが
> 自分の価値観(正しいと思うこと)と人の価値観は
> 違って当たり前と思うようにしています。

いつからか気づいたら、自分を守ることに必死になっていました。
他人(時々出てくるとある家族のことなんですが^^;)に期待せず
自分で自分をほめてあげなくては…なんて感じてます^^;
あと、当たり前という自分の価値観そのものも自分を縛りつけて
苦しめているのだとも。
対人間、感情も気持ちもあるので、難しい問題ですよね。
私が「大人」になって、自分を楽にする、それが一番だと頑張ります!

> 話は変わりまして、先日の地震。
> 夕陽さん、ご家族ともに被害がなかったようで良かったです。

ご心配頂きありがとうございました。
小さい余震はあるようですが、それでもゼロにならないと心配ですよね。
このままおさまってくれるのを願うばかりです。
◆ 奈緒さんへ
こんばんは^^

> ちょうどいまさっき、facebookでお友達が同じ本の写真を投稿していました。
> 今、話題の本なのでしょうか。

偶然ですね^^
私が実際に購入したのは数か月前のことなので、話題なのかはわかりませんが
とても分かりやすい言葉で読みやすく、誰にでもあてはまることがありそうで
納得のいく内容だったので、手に取られた方は多いかもしれませんね。


> 「なるほどね〜」とか「そういうのも一理あるよね〜」とか。
> そして、受け入れてから、自分の意見を角が立たないように言う。
> すごく上手だなあと夫ながら尊敬しているんです。
> 私は、意見が違うとついむきになって「でも〜」とか「え〜?!」とか
> ついつい否定的な言葉が最初に出てきちゃう。

まず話をする側は、「聞いてほしい」から、きちんと聞く姿勢というか
受け入れてくれるということはとても安心感がありますよね。
自分が自分がってならずに聞いて下さると、ホッとしますし安心しますよね。
旦那様の姿勢、見習わせて頂きます^^


> 手作りのしおり、素敵ですね。
> 読みかけのページを開くたびに嬉しい気分になれそう♡

一つは夫の読みかけの本の間に挟まれました^^
普段は使わない色も、このくらいの大きさなら冒険出来て楽しいですね。

管理者のみに表示