スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

丹波のスパークリングワイン「鴇羽」と「うら葉」

2014年09月10日
7月に丹後半島へ旅行に行った際に購入したスパークリングワインです。

緑のラベル、白のスパークリングが「うら葉」
赤いスパークリングが「鴇羽(ときは)」です。




説明書き、すらっとしたボトル、飲みやすい量、ネーミング、見た目…
試飲せずに購入するときは、第一印象で美味しそう~と思えるような
わかりやすいものが多いです。


2014091002.jpg


「鴇羽(ときは)」は、国産のキャンベルというブドウから作られた
ロゼのスパークリングワインです。
ブドウの香りや風味が口の中に広がりますが、後味はさっぱりと
ドライな感じです。
やや甘口とラベルに表示されていますが、私的にはそんなに甘くない
印象を受けました。


2014091003.jpg


「うら葉」はナイアガラというブドウを使った白のスパークリングワインです。
ナイアガラ=白ワイン よく表示されているのを見かけますよね。

こちらのスパークリングも、ブドウのジューシーな味がしっかりとあって
さっぱりと飲みやすい!
「鴇羽」と比べたら、こちらのほうが酸味は少し強いかなというところ。

週末、暑かった日の早めの夕食時にぴったりな、
さっぱりとしたスパークリングワインでした^^






最後まで読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援のクリック、どうぞ宜しくお願いします^^
   ↓ ↓          ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
クリックすると各ランキングサイトが別ウィンドウで開きます。
1日1クリック有効でLIKE◆USの応援となります。
関連記事
◆美酒記録◆ | Comments(2)
Comment
No title
こんばんはー^^

どちらもワインなのに日本らしいネーミングがなんだかオシャレですね^^
最近は日本酒が海外を意識した名前だったりと
一瞬お酒の種類が分からないようなものも増えているような気がします。

こちらのワインは国産のブドウが使用されているのですね^^
スパークリングは甘いよりも少し甘さ控えめのほうが
さっぱり飲めて好きなので、どちらも飲んでみたくなっちゃいました。
◆ ru:riさんへ
こんにちは^^

> どちらもワインなのに日本らしいネーミングがなんだかオシャレですね^^
> 最近は日本酒が海外を意識した名前だったりと
> 一瞬お酒の種類が分からないようなものも増えているような気がします。

言われてみればそうですね!
それに冷蔵庫にも英語表記の日本酒が入っていたりします^^
先日のアイスブレーカーとかタイムマシーンとかもそうですね。

スパークリングは海外のものはフルボトルで飲みきるにはちょっと
多いかなと思うけれど、国産のであればちょうど良いサイズが
たくさん展開されていますし、申し分のない美味しさなのでありがたいですね^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。