鉢に穴を開けてみる

2015年05月27日
先日IKEAにて購入した鉢。 
過去記事→2015年5月22日「ひさびさのIKEA リピート品とうっかりモノ」

「鉢」というよりは「鉢カバー」が正解ですが…

過去記事でもウダウダと書きましたが、
鉢カバーと鉢を外して水のたまり具合とか気にしたり、
セラミス仕立てにしても、水を捨てるとかそういう手間が
毎回水やりの時に気にしながらするのも面倒だし…と、
思い切って鉢に穴を開けることにしました。


※あくまで個人的見解と自己責任のもとで行っているので、参考程度に
読んでいただけたら幸いです^^



お金はあまりかけたくなかったので、100円ショップをふらふらし見つけた
「ダイヤモンドやすり」を購入。





それを裏返した鉢底に当てて、キリで穴を開けるように回しました。

欠片や削った粉の飛散を防止する意味として、スーパーの袋の中に
紙袋を入れ、底に緩衝材がわりに新聞を敷いて…
作業が終わったらこのまま捨てれるように。

5/28追記: 
「削った粉の飛散防止のために、少しずつ濡らしながら作業していました。
スポイドなんかでポタポタと落とすとか、無ければストローなどうまく使うのもよし、
ウエスを濡らし、あまり絞らずに拭き取り&濡らす…とか、なんでもありかと。」

万が一、鉢に亀裂が入ったり割れる場合があります。
ネットで検索したら、それらを防止したり、ケガをしないようなやり方など
多数ヒットしました。



最初は小さな穴だったものを、ひたすらヤスリをカリカリとして…

裏側からばかり作業をしていて表側を見ると、塗装とともに剥がれ落ちている
部分がありました^^;;;
鉢の底になるので目立たないしヨシとしよう…



2015052702.jpg


加えて、鉢底の周り三ヶ所に、水の通り道を作りました。

水やりをした後、あまった水分の通り道を作らないと、内側にたまってしまい
水が腐ったり、カビの原因になるのを防止するためです。
植木鉢として売られているものを見ると、底にはほぼある構造です。


ここまでこの鉢の場合、所要時間は1時間ほどでした。



ついでに売られていた時の土を取り除き、セラミス仕立てにしました。
部屋の中で育てるので、出来るだけ虫の発生などを抑えたかったので…


2015052703.jpg


100円ショップで購入したお皿をセットして、簡単水やり構造に出来て
ひと安心です^^



同様に穴あけを考えてらっしゃる方は、くれぐれも自己責任で!
穴を開けるのに向いていない鉢(カバー)もあるので、よくよく調べてくださいね。







最後まで読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援のクリック、どうぞ宜しくお願いします^^
   ↓ ↓          ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
クリックすると各ランキングサイトが別ウィンドウで開きます。
1日1クリック有効でLIKE◆USの応援となります。
関連記事
◆プチDIY&プチリフォーム◆ | Comments(2)
Comment
No title
こんばんはー^^

実は以前間違えて買われたとおっしゃっていたときに
穴をなんとしてあけられないものかな~?って
チラッと思ったのですが、難しそうって思ったんです。
それをサラリと実行されている夕陽さんっ、さすがです~。

やすりは最初から立ててキリのように回して削っていくのでしょうか?
すごくきれいに開いていますね!
そして水の通り道まで!
完ぺきですね^^

私ももし開けたいものが出てきたらチャレンジしてみたいと思いますp^^q

袋+新聞もとても参考になりました☆
◆ ru:riさんへ
こんにちは~


> 穴をなんとしてあけられないものかな~?って
> チラッと思ったのですが、難しそうって思ったんです。

私も最初は代わりになるような鉢がないかと探したのですが
なかなか見つけられずにいました。
見つかったら、このIKEAの鉢カバーは返品するつもりで。

こうなったら穴あけるか!と、セリアでダイヤモンドやすりを購入した次第です。
ちょうど素焼きのような柔らかそうな素材だなと思ったのもあって
ダメもとで開始したらうまくいきました^^


> やすりは最初から立ててキリのように回して削っていくのでしょうか?

そうです~
セリアには、私の購入した先がとがったタイプのダイヤモンドやすりと
そうでないものがあったので、キリとやすりが一緒になったような
こちらを購入した次第です。
小さな穴が開けば、あとは広げるようにぐりぐりっとしていくだけ。
所要時間は1時間くらいでした。

> 袋+新聞もとても参考になりました☆

書き忘れていたのですが、粉の飛散防止のため、少しずつ濡らしながら
作業していました。
記事のほうにも追記しておきます!

管理者のみに表示