スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

新緑の高野山参り 2015年初夏-前編-

2015年06月01日
昨年の11月の初旬に、夫と二人で紅葉を見に訪れた高野山。

あれから半年、初夏のこの時期に母の希望で再度訪問となりました。

このところ暑い大阪^^; 
標高800mある高野山に、ちょっぴり「涼」を期待していましたが、
日中、陽のあたる場所は思いのほか暑かったです^^;;;


まずは、高野山の入口「大門」





いつも国道を車で登ると、カーブを曲がったところにあって
なかなか停車して見ることができなかったので、今回は見落とさずに。


それから少し車を走らせると、再建された壇上伽藍「中門」があります。


2015060102.jpg


高野山は今年開創1200年の記念の年。
その記念事業として再建されたものです。

真新しい朱塗りの門はまぶしく、門の左右、表裏の合計4箇所に安置されている
四天王像もピカピカ。


2015060103.jpg


壇上伽藍へはいつも、金剛峯寺の方から来る蛇腹道のほうからばかり行っていて
朱塗りの根本中塔にばかり目を奪われて、金堂などをじっくり見たのは初めて。

1200年記念に金堂にて一般公開されていた仏像は5月21日までなので
今回は拝観することが叶わず…
でも、一緒に行った母はそれでも「来られてよかった」と喜んでくれました。


2015060104.jpg


思いのほか暑いとはいえ、日陰に入れば風は心地よく…
平日のお昼間、早い時間ということもあって人も少なく静かで
とても貴重な時間を過ごすことができました。


金堂の裏には、弘法大師・空海が唐から真言密教の聖地を占うために
東の空へ投げた法具・三鈷杵(さんこしょ)が松の木に掛かったと言われ
その松の木があります。(三鈷の松と言われています)


2015060105.jpg


通常、松の葉は2本なところ、三鈷の松からは3本の葉のものがあり
この松の周りに落ちているのを見つけると縁起が良いとされているそう。

試しにぐるぐるまわって目を凝らしていると見つけました! やった^^
母も見つけることができ、大切に包んで持ち帰りました。


2015060106.jpg


金剛峯寺は半年前のモミジの景色とは違い、今回は眩しい新緑で
清々しい場所でした。

秋もいいけれど、やっぱり今の季節が好きかなぁ…


2015060107.jpg


その後、奥の院へ。

以前行ったときにも触れましたが、名だたる武将の供養塔が立ち並ぶ
高野山の中でも聖域中の聖域です。
写真の左は伊達政宗公、右は織田信長公の供養塔。
戦国武将の中でも人気の織田信長公の墓所の前は、たくさんのお供え物が
ありました。


木立に囲まれた奥の院は、とても涼しく、まさにパワースポットという感じ。
写真撮影禁止の御廟橋の奥、燈籠堂とそのさらに奥の弘法大師御廟は
もっとひんやりとした空気に包まれて、背筋だけでなく心までシャキっとした
気持ちになりました。


長くなったので続きは次回…
お世話になった宿坊とお土産の話です^^






最後まで読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援のクリック、どうぞ宜しくお願いします^^
   ↓ ↓          ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
クリックすると各ランキングサイトが別ウィンドウで開きます。
1日1クリック有効でLIKE◆USの応援となります。



関連記事
◆ぶらり旅&温泉◆ | Comments(2)
Comment
No title
こんばんはー^^

朱色に空の色が映えますね~!
そして奥の院には静寂な空気が流れていそうなことが写真からも伝わってきます。

昔は寺院の由来など、気にしたことがなかったのに
最近は歴史的な背景なんかも気にしてみるようになりました。
見慣れた寺院でも知ることにより
またちがった感覚でみることができるようになるから不思議ですね^^
◆ ru:riさんへ
こんにちは~


> 朱色に空の色が映えますね~!
> そして奥の院には静寂な空気が流れていそう

お天気に恵まれて、それだけでもご利益がありそうな感じがしました^^
日差しは暑かったけれど、その分、木陰は涼しく…暑いからこそわかる
心地よさなんだなと、みんなで話していました。


> 昔は寺院の由来など、気にしたことがなかったのに
> 最近は歴史的な背景なんかも気にしてみるようになりました。

そうですね。
歴史の勉強を必死にしていた学生の頃よりずっと今のほうが
頭に入りますし、興味がわいてくるから不思議です。
現代の言葉も仏教からの由来だとか、そういうのも面白いですし
お坊さんの説法などから、悩みや生き方のヒントを得たりと
年齢を重ねるごとに身近に感じ興味津々です^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。