無印 こすって消せるボールペンの不満解消と発見

2017年06月12日
無印良品週間が始まっていますね。

店頭は6月19日(月)まで、ネットストアは6月20日(火)AM10時まで、
アプリを使ったり会員になっている方は10%OFFで購入できる期間となっていて
私も急ぎのものでなければこの期間まで待って購入したりしています。

詳しくはこちらで確認できます→→→→→



----------------

シンプル、飽きのこないデザイン、長く使える品質で、我が家にもたくさん
無印良品の商品がありますが、唯一不満を持っているものがひとつ。


↓ このこすって消せるニードルボールペン… の、ラベルがはがしにくいこと。





無印良品の商品って、はがしやすくあとに残らないものが多いと感じている中
これだけは爪ではがそうとすると、粘着質がべったりしてとてもはがしにくいです。

おそらく、はがしにくいようにしたい「何か」があるために、こういった仕様に
なっているかとは思うのですが、勝手ながらそこに必要性を感じていない者からすれば
キレイにはがしてシンプルに使いたいところ。


なんとかキレイにはがせないか、やってみました。


爪でめくってひっぱるととても力がいるので、ドライヤーで少しだけ温めて
粘着質が緩まったところを一気に引っ張ります。


2017061202.jpg


一気に引っ張った後のほうはキレイにはがせたのですが、最初に手間取ったところは
粘着質が残ってしまいました。

こちらは温かいうちにこすり落としました。


ちなみに中身のインクは熱に弱いみたいなので、ほんのり温めるくらいにして
おくほうが無難だと思います。



ちなみにこちらは参考までに… ↓

2017061203.jpg


除光液を使って落とそうとすると、プラスチックが曇ったようになって
非常に残念な状態になりますので、除光液の使用はやめたほうが良いです。



ちなみに、ずっと長く使っていたのに初めて知ったことがひとつ…


2017061204.jpg


中のリフィルがあることを初めて知りました… 

本体付とリフィルだけの値段とを比べると、30円くらいの差ではありますが
キレイにラベルをはがしたら、あとは中身だけを変えて長く愛用したいと思います。













最後まで読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援のクリック、どうぞ宜しくお願いします^^
   ↓ ↓          ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
クリックすると各ランキングサイトが別ウィンドウで開きます。
1日1クリック有効でLIKE◆USの応援となります。



◆その他雑貨&小物◆ | Comments(4)

トイレタンク内のカビとその原因

2017年06月09日
毎回お昼頃に記事を公開しているのに、今回はキレイとは言えない写真があります。
モザイクをかけていますが、気にされる方は時間をずらして見て頂けますよう
お願いします。



-----------------------------

トイレのリフォームで、便器などを新しいものに交換した際、取り外した古いものを見て
びっくりしたことがあります。


↓ 以前まで使っていたこのトイレの〇印のあたり。





便器とタンク部分は別々の陶器をつなげて組み合わさっているのですが
その繋がっているあたりに衝撃の光景が広がっていました。


黒いパイプの部分が、タンクから便器へと洗浄する水が流れ通る部分。

そのまわりのモザイクをかけている部分に一面、黒カビが広がっていました。


2017060902.jpg


…。

頑張って掃除していたのに?


職人さんに聞いたところ、このカビの部分は黒いパイプ部分に水があふれた場合に
その水が逃げるところだそうで、通常は水には触れない場所だそう。


トイレタンクと便器の接続するこの部分は、結露などが発生しやすく
カビの温床になるのだとか。

数年前、手洗いタンクのフタ裏やタンク内に黒カビがついていることがわかり
それ以来定期的に掃除をしていたものの、また発生する黒カビ。

それもそのはず、こうして目に見えない手の届かない場所で存在していたから。


どんなにキレイにしていても、よく見るよくある光景なので気にせずにとのこと。
また予防するには、結露が発生しないように換気をよくすること。
換気扇があるなら窓や入口を少し開けて、風の流れをしっかり作ることが
絶対ゼロには出来ないけれど、少しでも防ぐことが出来るかなと教えてもらいました。



調べたら、タンク内に重曹を入れたらいいとか記事で見ましたが
自己責任で、出来る安全な方法で、新しいトイレを管理したいと思います。


掃除しても黒い水が流れるとか目に見えてあるのでしたら、
さすがにタンクと便器をはずすことは難しいけれど、まずはタンクの中を
確認しお手入れすること、風邪の通りを作ることからやってみてはいかがでしょうか。
どなたかの参考になれば幸いです。






最後まで読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援のクリック、どうぞ宜しくお願いします^^
   ↓ ↓          ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
クリックすると各ランキングサイトが別ウィンドウで開きます。
1日1クリック有効でLIKE◆USの応援となります。



◆お掃除◆ | Comments(2)

トイレのリフォーム

2017年06月07日
家を建ててからはや10年。

2つあるトイレのうち、ウォシュレットがついているほうのシャワートイレが
肝心の場所から水が出ず、別の場所から漏れ出すようになって床も汚くなったのを機に
そのトイレまるごとリフォームしました。


シャワートイレを新しいものに交換し、クッションフロアをはり替える予定でしたが
クッションフロアのはり替えに便器を外すということなので、思い切って便器も
新しいものにすることに。


ちなみにこちらがリフォーム前。




不満に思っていた点があって、まずはシャワートイレのつなぎ目。
ここにシャワートイレ使用時にはねた汚れがついてつなぎ目に挟まったりして
つまようじでかき出す掃除が面倒でした。


それと昔ながらのフチ裏。
トイレブラシではキレイにならない狭い裏。

過去記事でも紹介したペット用の綿棒で掃除したり、工夫してキレイにしていましたが、
今はもっと掃除しやすいフチ裏のないタイプがあるので、それに変更することにしました。


今まで頑張って掃除していたのが職人さんには伝わったようで
「キレイなのにもったいないですね。いつもきちんとしているトイレ便器やと
すぐにわかりますよ」って言ってくださいました。
こういうの褒められることってないと思うので、なんかちょっとうれしかったです^^



リフォーム後はこちら↓

2017060702.jpg


手洗いシンクがないので、形としては今までと同じ手洗いタンクありのもの。

汚れが目立ちにくい木目フローリング調のクッションフロアを選びましたが
後ろの壁紙とも違和感なく馴染んでよかったです。
便器の形もシンプルで凸凹がなく、掃除しやすそう。


2017060703.jpg


便器もフチレスタイプのものにしたので、今までより掃除が楽になって
本当にうれしい^^♪
そしてシャワートイレもつなぎ目の無いタイプになって、これまた手間が減って
よかった♪


ちなみに使用する水量もかなり節水になりました。

今までのは大8リットル、小6リットル
新しいものは大5リットル、小3.8リットル!

2階のトイレ(シャワートイレ無し)はまだフチ裏があるタイプだけれど
使用頻度が低いのでそのままにしていますが、一か所でも楽になって
お金はかかったけれど変更してよかったなと思います。


とはいいつつ、家を建てたころにすでにこのようなカタチのものがあったかもしれません。
最初から導入すれば、無駄な出費が減ったのでは?なんて思うけれど
過去を振り返っても変えることはできないし、これからはモノ選びのアンテナを
しっかり張って、同じ過ちを犯さないように頑張りたいと思います。









最後まで読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援のクリック、どうぞ宜しくお願いします^^
   ↓ ↓          ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
クリックすると各ランキングサイトが別ウィンドウで開きます。
1日1クリック有効でLIKE◆USの応援となります。



◆プチDIY&プチリフォーム◆ | Comments(2)
« Prev | HOME | Next »